CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
大人組 PLATINUM/2011年9・10月号
大人組 PLATINUM/2011年9・10月号 (JUGEMレビュー »)

「Cocica」が、発表された雑誌。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
シェーカー―生活と仕事のデザイン
シェーカー―生活と仕事のデザイン (JUGEMレビュー »)
ジューン スプリッグ, June Sprigg, Michael Freeman, 藤門 弘, マイケル フリーマン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 2018M・UNOH家具工房 オーバルボックス ワークショップのお知らせ | main | 私のShaker Chair >>
KOSHIKA Oval box ワークショップ(MAGEIKU)について

 家では、大小様々な色付き、持ち手付きのオーバルボックスに、いろいろな物を入れて使っている。

物作りに縁のある者、ない者、客人達は、羨ましいそうに、それを見る。皆は、「曲がるの?」「難しいでしょ」「おいくら?」と尋ねる。私は、「簡単カンタン、作れば良いじゃない」と何時からか、そんな風に、答える。時には一つだけ買ってくれたりする。一つだけってのは、寂しいから、おまけとして、上等な不良品をプレゼントすることもある。

「作れば良いじゃない」と言うけれど、難しい作業で、慣れなければ上手くいかない。 木取りからとなると、神経を使い時間もかかるし、無駄もでる。それでも、人間がやって来た仕事、Shaker達が形として残してくれている。 誰でもできる作業のなはずだ。この10年程で制作方法も単純化し、ワークショップもあちこちで行ってきた。 教える、伝える方法も確立してきた。

と、言うことでまずは、私の工房でワークショップを行った。 予想以上に参加者が集まり、皆喜んでくれた。大成功だった。

何年も前から、日本中をワークショップをしながら、回れないかなと考えていた。冗談交じりでいっていたら、

来てほしいと声がかかるようになってきた。 じゃ行きましょうと「MAGEIKU CARAVAN」と名付けてこの秋ごろから、あちこち行くことにした。 目標は47都道府県だ。 ご興味のある方は、ご連絡お願い致します。 4人以上集まれば行きます。

MAGEIKU CARAVAN 出発します。 mailにてお問い合わせください。 unoh@unoh.jp

MAGEIKUは曲げに行くことです。 曲げ育くではありませんよ。

 

 

 

| KOSHIKA | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://unoh.jugem.jp/trackback/442
トラックバック